ここはmacchaの趣味のページです。おもちゃ、アニメ、ゲーム、CGなどを取り扱って行きたいと思います。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実在する地形データをダウンロードする。(とりあえず!)
今回は、ある参考書を元に、自身も初めてのくせに偉そうに解説を進めていくという、極めて危険なプロジェクトです。
不手際等、当然ございますがあきらめてください!参考書に書いてある範囲の質問にはお答え出来ますので( ´∀`)ゲラゲラ
それでは、早速!!
①http://seamless.usgs.gov/にアクセスします。
②今回は左側のアメリカ合衆国で説明しようと思います。地図上にカーソルを移動しクリックしてください。ポップアップのロックを解除してください。
解説01

③合衆国の地図が表示されますので、拡大したいエリアをドラッグしてください。
④拡大表示すると画面右にウィンドウが表示されると思います。『Display』と『Download』って文字がウィンドウの上の方に表示されてると思いますんで、Downloadをクリックしてください。
解説02

⑤とりあえず、今は関係ありませんが、英語が詳細表示されますね!上から
 1秒間隔のNED(約30m)
 1/3秒間隔のNED(約10m)
 1/9秒間隔のNED(?)
と言う感じになってます。参考書にも書いてないので、お茶を濁す感じになってますが、気にせず進みましょう( ´∀`)ゲラゲラ
ちなみにNEDというのは、National Elevation Dataの略です。意味は自分で調べる事!解ったら私に報告!
⑥画面左のツールボックス内の『Downloads』の左上『Define Downloads Area』をクリックします。
 注意:一度にDL出来る領域に限りがあるそうなので、最初は小さ目がいいみたいです。領域オーバーすると別ウィンドウが出て小さくしてって言われるそうです!
⑦正しく領域を選択するとDL可能な地形データがリストになって表示されます。
⑧画面の上の方に『Modify Data Reuest』がありますので、クリックしてください。
解説03

⑨『Data Format』を『ArkGRID』から、『BIL』に変更します。※すべて同じ様にBILにしてください!
注意:⑥で広範囲の領域を設定した場合は多数の項目が『ArkGRID』となってますが、自分はチキンなので1行しかなってませんでした。なので、ずーっと下の方まで見ていくとあると思います。
解説04

解説05

⑩一番下の『Save Changes&Return To Summary』をクリックして元の画面に戻ります。
⑪画面のSizeをじっくり見てからDownloadしてくださいね!100M超えるようなとんでもないのがありますんで!
解説06

解説07
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://90012791.blog42.fc2.com/tb.php/46-2542d0b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。