ここはmacchaの趣味のページです。おもちゃ、アニメ、ゲーム、CGなどを取り扱って行きたいと思います。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続き、実際の地形データをVue6に取り込むをお送りします!
今回はある人の為にMac版の説明です!
前回で地形データをDLしたと思いますので、
①地形データ(BILファイル)を高度マップに変換します。この作業の為に『MacDEM』なるソフトをDLするそうです。
http://www.treeswallow.com/macdem/
に行ってもらって、DLしてきてください!
②File→Open(bil拡張子のファイルを開きます)
※DLしてきたファイルを解凍してできたフォルダの中にあるそうです!
③ウィンドウが表示されますがOKをクリックしてください。(内容はBILの単位をメートルに仮定するよってな内容です)
④Palette→GrayScaleBlack-Whiteを選択して、白黒にします。この時点では不要な太陽光による影がついてるので、
⑤Display→Toggle Lightingを選択してライティングをOffにします。これで高度マップができました。
⑥画面上部のウィンドウ内に●●●●wide×●●●●tallってのがピクセルサイズです。サイズを4000ピクセル程度に縮小します。Zoom1/2から1/4辺りの適当な倍率を選択してEdit→Resample
注意:画像サイズの数値、縮小倍率、高度分布(画面上部ウィンドウの左下の数値●●●to●●●●metersってのがそうで、最低高度、最高高度)は覚えておいた方がVueでの寸法合わせに便利だそうです。
⑦File→Export1×Image to:TIFFで画像を出力します
⑧Vueに取り込みます。新規の地形データを作成し、地形エディタに入ります。
⑨先程の高度マップの大きさを入力して大きさの変更をします。
⑩高度マップを読み込みます。合成比率は100%です。
これで地形データは取り込めたかと思います。あとはマテリアル設定してお楽しみください。
さらに、現実に近づける手順は後日説明させていただきます。
いや、疲れてないですよ。ほんと( ´∀`)ゲラゲラ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんちは~(@`▽´@)/
スキンが変わりましたね。
前より見やすくなりました。
実在の地形データというのをDLできるサイトがあるんですね。
アメリカさんはすごいね~。
さっき試しに大都市のど真ん中をDLしてみましたら、BILファイルというのが入ってませんでした(;´▽`A``
英語な上に専門用語っぽくて難しいですね。
しかし、Vueは画像データから地形を生成出来るんですか!
それは実によい機能を知りました。
でも大都市の真ん中の地形じゃ平坦で意味が無かったかも。
こんどは渓谷の方を試してみます<m(_ _)m>
2008/02/24(日) 13:11 | URL | jdnduka #-[ 編集]
こんにちは!
ほう、試しにDL出来たという事は、自分の書いた分りにくい説明でも何とかなったと言うことですね((´∀`*))良かった~!
すごく不安だったんで・・・
DLするまでに分りにくかった部分を教えていただけるとちょっとは分りやすくなるかもです!
画像データ(高度マップ)はすばらしい機能ですよね!ナスカの地上絵とか、なんでもかんでもグレイスケール画像にして地形データに取り込むと・・・わくわくしてきますね!
なんか一個作ってみよっかな!
2008/02/24(日) 13:22 | URL | maccha #GTMsVC1o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://90012791.blog42.fc2.com/tb.php/47-9a97f785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。